「親知らず」の話 その3

[親知らずの抜歯]

  これまで、「親知らず」が有害な場合の話をしましたが、今回は、智歯(親知らず)の抜歯についてお話します。
 「”親知らず”と他の歯の抜歯と何か違いがあるの?」と疑問の方も多いと思います。
  もちろん、普通に生えている場合は特に変わりはありません。
しかし、きちんと生えている智歯(親知らず)は半分以下で、特に下顎の智歯は横になってアゴの中に埋まっていることが多いのです。
  それを(”水平埋伏智歯”と言います。)
 このような、アゴの骨の中に埋まっている歯は、歯ぐきを切開して、おおっている骨を削ったりする必要があり、通常の抜歯とは大変さが全然違います。
 さらに、”水平埋伏智歯”でも人によって簡単なものから、更に更にやっかいなものもあるのです。
 (口の大きさ、アゴのかたち、智歯の根の形などが関係してきます) 
<水平埋伏智歯の抜歯方法>

backnexthome

へ戻る